閉じる
map_2

IELTSリスニング「地図問題」の出題傾向と攻略

こんにちは。今回は、リスニングの授業でリクエストの多い、地図問題の解き方のポイントについてお話しします。

地図問題の解き方

1、地図上の位置関係を把握する

他の選択肢問題と違い、地図問題では、本文が流れる前に読む文章がほとんどありません。その代わり、地図の位置関係をしっかりと把握してください。

本文を聴く前に、地図上で確認すべきこと

  • 道の名前
  • 建物、施設の名前
  • 方角の確認

道の名前は見落としがちですが、本文で出てくるので特にしっかりと把握しておきましょう。

地図上に東西南北のサインがある場合は、そちらも確認しておきましょう。本文が読まれると意外と焦り、わからなくなることがあります。

もちろん、問題となる場所の名前もきちんと目を通しておきましょう。

2、目で地図を追う。(スタート地点がある場合は、スタート地点の確認)

地図問題の中には、場所ごとにスタート地点に戻って説明されるものがあります。スピーカーがスタート地点を示した際には、その場所を確認してください。その後は、スピーカーが話すとともに、目で地図を追っていきます。

3、選択肢を選ぶ

スピーカーが場所を説明したら、その説明の場所に一番ふさわしい選択肢を選びます。

この際の注意点ですが、前の問題で選んだ選択肢を除外せずに次の問題を解いて下さい。これは、間違いの連鎖を防ぐためです。

例えば、15番の問題で間違えて16番の選択肢を選んでいたとしましょう。16番を解く際に15番で選んだ選択肢を最初から除外していると、16番で間違えて17番の選択肢を選んでしまい、更に17番の問題も間違えてしまう、、、といったように、間違いの連鎖が起きてしまいます。前の問題の選択肢を残しておくと、同じ選択肢を2度選び間違いに気づくこともあるかもしれませんが、連鎖的に間違った選択肢を選ぶよりもずっと不正解が減ります。

地図問題で再確認したい語彙

junction (道と道が交わる交差点)

例;The bank is next to the junction of Keyaki Street and Main Road. 

(銀行は、けやき通りとメイン通りの交差点にあります。)

winding(曲がりくねる)

例:The station is at the end of the winding road. (駅は、曲がりくねった道の終わりにあります。)

bend (曲がり)

The convenience store is on the bend of the road.

(コンビニは、道の曲がりにあります。)

road 、street、path/footpath の違い

日本語では全て「道」と訳されることの多い3つですが、英語では違いがあります。

roadは、メインとなる「大通り」を示します。地図上では太く描かれています。

それに対しstreetは、大通りから入る脇道を指すことが多いです。roadと共に地図上にある場合、roadよりも少し細く描かれています。

例:After driving 5km on the road, please turn left onto Keyaki Street.

(車で大通りを5キロ走った後に、 けやき通りに入るために左折してください。)

path/footpathは、「小道(歩道)」を指します。地図上では、roadとstreet両方と比べて細く描かれています。

例:Sakura park is next to the path.

(さくら公園は小道の横にあります。)

位置情報を示す表現を、普段の練習の中で確認してみてください。

サムネイル:FreePik

© 2020 Plus One Point Pty Ltd | All rights reserved.