カテゴリー
スコアアップのコツ

スピーキングで2分間話し続けるためのテクニック

Part 2は1分間の準備と2分間のスピーチ

IELTSスピーキングで、もっとも難しいと感じる人が多いのがPart 2です。

Part 2では、試験官からトピックの書かれたカードを渡され、それについて2分間のスピーチが求められます。

スピーチの前に1分間の準備時間がありますので、その1分をどのように使うかでスピーチのクオリティが変わってきます。

1分以上話せればOK

Part 2は「2分間のスピーチ」というように考えている方も多いですが、厳密には、1〜2分のスピーチです。試験官はスピーチの前にこのように言ってくれるはずです。

“Remember you have one to two minutes for this so don’t worry if I stop you.”
(スピーチの持ち時間は1〜2分ですので、もし止められても心配は要りません。)

しかし、可能であれば、1分ちょっとで終わるスピーチよりも、2分ギリギリまで話せる方が印象はいいでしょう。むしろ、2分を過ぎて試験官にストップされるくらいの方が、しっかり2分間話し続けることを見せられるのでスコアメイクには有利に働きます。

話をどのように膨らませるのか?

実際のIELTSのスピーキング・パート2で出題される問題はこのようなものです。

Describe a band or singer who you like.
You should say:
– what style of songs they sing
– when you listen to them
– where you listen to them
and explain why you like this band or singer.

今回のテーマは「音楽」です。「あなたの好きなバンドあるいは歌手」について話してください、と言われています。

音楽が好きな人ならまだしも、あまり音楽に興味がない人であれば、2分間も話し続けることはなかなか大変なことです。

しかし、このように自分があまり得意ではない分野の問題が出題された場合にでも、以下に紹介するような方法を使うことで少なくとも1分以上は話すことができるようになります。

前置きを話す

もし音楽に興味がなくて何を話そうか困っているのであれば、それも英語で話してみましょう。「あまり音楽を聴かないからミュージシャンやバンドのことをほとんど知らないんだけど・・・」という前置きを英語で話してしまうのです。

Well, I don’t listen to music that often and there are very few musicians or music bands that I know of, but, …

回答する(何の話をするかを先に伝える)

前置きが終わったら、いよいよ本題に入ります。できれば、最初に「何の話をするか」を伝えましょう。今回の場合であれば、誰について話をするのかをしっかり伝えます。

…but I’m gonna talk about a music band called “The Beatles”. 

何も知らない前提で説明する

「何の話をするか」を伝えたら、それについてまずは説明をしましょう。今回の場合、ザ・ビートルズという誰もが知っているバンドについて話をするわけですが、それであっても説明するのです。

ただし、細かな説明をしようとすると英語が難しい方向に行ってしまう可能性がありますので、自信のない方は簡単に留めておきましょう。

The Beatles were a group of 4 and they are one of the most popular music groups of all time. 

現在の話をする

話を広げるための最も重要なポイントは、過去のエピソードを交えることです。

過去のエピソード(体験談)は、ほとんどの人が最も話しやすい部分です。エピソードを話す際に使う英語も、それほど難しいものは必要ないため、この部分で以下に話を広げられるかで、その後のスピーチが大きく変わってきます。

今回は、与えられた質問には「過去の話」はなかったのですが、初めて聴いた時の話のなど、今回のテーマにまつわるエピソードを盛り込んでみましょう。

When I was a primary school student, I had an opportunity to listen to their songs and I was shocked. That was when I turned 9, when my dad bought me one of their records. 

エピソードを広げる

過去の自分の体験談などは比較的簡単な英語で表現できることが多いため、エピソードを紹介したら、もう少し広げてみましょう。

Now, this record had about 14 to 15 songs on it and I can’t remember all the titles recorded on the disk but one song caught my attention. The title of the song was “Let It Be”.

深入りせず、簡単な英語で表現する

音楽のジャンルなどの説明は、場合によっては難しい英語になってしまいますので、素直に分からないと言ってしまい、あとは簡単な英語で表現できる方向に持っていきましょう。

As I said, I’m not that interested in music and I’m not too sure what genre their music belongs to, but their songs are easy to listen to and I think everyone knows most of their songs. 

現在の話をする

質問は「今のこと」を聞かれていますので、今、いつどういう場面で聞くかを話していきましょう。また、質問が「過去のこと」であっても、今の話を付け加えても問題ありません。

Currently, I work as an English tutor (as I said earlier), and I normally listen to their music before lessons to help me stay relaxed because, when I listen to their songs, I can stay positive and focused. 

関連する情報を付け加える

多少の脱線は問題ありませんので、自分が話した内容に関連した情報も付け加えてみましょう。

I see a lot of sports athletes listening to their favourite songs before they perform, and I guess they are doing it for the same purpose.

将来の話をする

まだ時間がありそうであれば、「将来のこと」も少し付け加えてもみましょう。

Since the Beatles no longer exists, it is now impossible to see their performance live, but there are many DVDs or Blurays out there, and actually they are very cheap, so I’m gonna buy some of them and listen to their songs and see how it makes me feel now at my age.

まとめ

このように、与えられた質問だけに答えるのではなく、その周りの情報も丁寧に説明をすることで、スピーチの時間を長くすることができます。また、自分の話しやすい方向に話題を持っていくこともテクニックの一つですね。

Well, I don’t listen to music that often and there are very few musicians or music bands that I know of, but I’m gonna talk about a music band called “The Beatles”. 

The Beatles were a group of 4 and they are one of the most popular music groups of all time. When I was a primary school student, I had an opportunity to listen to their songs and I was shocked. That was when I turned 9, when my dad bought me one of their records. Now, this record had about 14 to 15 songs on it and I can’t remember all the titles recorded on the disk but one song caught my attention. The title of the song was “Let It Be”.

As I said, I’m not that interested in music and I’m not too sure what genre their music belongs to, but their songs are easy to listen to and I think everyone knows most of their songs. 

Currently, I work as an English tutor (as I said earlier), and I normally listen to their music before lessons to help me stay relaxed because, when I listen to their songs, I can stay positive and focused. I see a lot of sports athletes listening to their favourite songs before they perform, and I guess they are doing it for the same purpose.

Since the Beatles no longer exists, it is now impossible to see their performance live, but there are many DVDs or Blurays out there, and actually they are very cheap, so I’m gonna buy some of them and listen to their songs and see how it makes me feel now at my age.

アバター

作成者: Hibiki

大阪大学医学部卒業(麻酔科医)。2012年に渡豪後、当時のIELTS講師であったMikaとともに日本語で学ぶIELTS対策スクールを設立。得意科目はライティング(最高スコア8.0)。過去5回の受験ではいずれも全科目7.0以上と安定した実力を持つ。難しい語彙や文法を駆使するのではなくどの受講生でもテストで再現ができるよう、シンプルなアイデアでありながらもしっかりとしたロジックを意識することで「論理性・明瞭性」のあるエッセイを指導する。苦労を乗り越えた末にライティングで目標スコアを達成できた受講生からの感謝の声は後を絶たない。