カテゴリー
スコアアップのコツ

2020年、IELTSはこう変わる!主な変更点は3つ。

皆さん、こんにちは。PlusOnePointのHibikiです。

早いもので今年もあと僅か、いよいよ2020年ですね。

日本は東京オリンピックで盛り上がっていますが、私たちは引き続きIELTSネタで盛り上がりましょう!

今回は、2020年からのIELTS試験で予定されている変更点についてお話しします。主な変更点は3つです。

本記事の内容

  • 1. リスニングの名称がセクションからパートに
  • 2. リスニングのパート1の例題がなくなる
  • 3. ページ番号の参照がなくなる

1. リスニングの名称がセクションからパートに

2020年1月4日以降に実施されるIELTS試験において、リスニング問題の名称がセクションからパートに変更になります。

問題の内容などには影響のない部分なのですが、ナレーションもセクションからパートに変更されますので、聞き慣れずにびっくりすることのないようにしましょう。

Now, turn to Part 1.

のように始まるのですね。慣れるまではちょっと違和感がありそうです。

2. リスニングのパート1の例題がなくなる

リスニングのパート1(旧:セクション1)の最初にあった「例題」がなくなります

すでに、コンピュータで受けるIELTS(CDI)ではパート1(旧:セクション1)の最初の例題はなくなっていますが、2020年1月4日以降に実施されるIELTS試験においては紙ベースのIELTSにおいても例題がなくなります

3. ページ番号の参照がなくなる

リスニングやリーディングにおいて「○○ページの〜(・・・on Page xx)」という表記や案内がなくなります(最近見ていない気がしますが・・・)。

これまでそもそも参照にしていた人は少ないと思われますので、この変化は軽微ですね。

まとめ

2020年1月4日以降に実施されるIELTS試験における変更点をまとめました。

もちろん難易度は変わりませんので、しっかり対策をして勉強を進めていきましょう!

アバター

作成者: Hibiki

大阪大学医学部卒業(麻酔科医)。2012年に渡豪後、当時のIELTS講師であったMikaとともに日本語で学ぶIELTS対策スクールを設立。得意科目はライティング(最高スコア8.0)。過去5回の受験ではいずれも全科目7.0以上と安定した実力を持つ。難しい語彙や文法を駆使するのではなくどの受講生でもテストで再現ができるよう、シンプルなアイデアでありながらもしっかりとしたロジックを意識することで「論理性・明瞭性」のあるエッセイを指導する。苦労を乗り越えた末にライティングで目標スコアを達成できた受講生からの感謝の声は後を絶たない。